岡山市北区大元上町のカイロ&オステ&整体 アドバンスカイロプラクテック

岡山市大元上町にあるアドバンスカイロプラクティックオフィスは、あらゆる手技療法(整体)を用いて施術を行います。整骨院や他の治療院や整体、病院では改善しない症状、肩や腰の痛み、ムチウチ、膝の痛み、ヘルニア、しびれ、めまいなどでお困りの方、お試し下さい。

アドバンスカイロプラクティックオフィスは
アドバンス藤沢徒手医学研究所と
社名を変更しました。
m9.JPG


岡山でBRM療法
(bone rhythm moment)
を受けるならココ!!

整体って何だろう?

私的視点から見たSeitai!

よくうちにかかってくる電話の1つに「そこは整体をやられているのですか?」って言うモノがある。昔は整体って言われるとなんだか腹が立っていた。きっと知識不足で整体って言うモノをよく知らないで、自分の今やっていることより劣る行為だと決めつけていたんだと思う。でもいろんな先生と知り合って、“整体”っていうものを知ってこれはこれで凄いモノだって思ったわけさ!だって科学なんて解っている事なんて一握り!その中で解っていること(仮説も含んで)を寄せ集めで、それを医学だのなんだのって言っているんだから、その中に合致しないものはオカルトとか偽物って言うのもおかしい。現実効果があるんだったら、理論的に無理はあったとしても現象は間違ってない!ってなんで思えないんだろう。
医学者や科学者と言われる人達の多くは、自分らは証拠に基づいて仕事をしていると考えている。しかし証拠がない場合、彼らはしばしば広く受け入れられた理論に由来する“科学的文化”ともいうべきものに頼ろうとする。古い理論にしがみつくあまり、それと対立する証拠に目を向けようとしないことも多い。僕自身もそうだったからよく解る。
Seitaiって無限の可能性をも持っているのかも知れない。和のテイストって捨てたもんじゃない。

この整体って言う行為は民間療法と言われるカテゴリーに属する。医療類似行為ではない。いわば資格のない行為と言える。それ故にこの整体という行為は明らかにマッサージ法に触れるモノから、素晴らしい効果を出すモノまで様々である。誤解を受けたり、あはきの方がた(鍼・あんま・灸師、柔道整復師)の反感を買うような行為と取れるモノは消えていただきたいのが本音である。
国家資格(鍼・あんま・灸師、柔道整復師)の方々が誰に教わろうと、そのベースになるものが民間療法ならその行為は医療類似行為では無い!と言うことを理解してない方が多い。

日本的な考察!全身性のメカニズムに着目した面白いアプローチ

呼吸を使った、運動連鎖

全ての整体ではないにしろ(僕の知っている整体と名の付くモノの中で筋膜療法とか大和整体はこの手の手法は取らない)呼吸をうまく利用する。
人の呼吸は、自律神経と密接な関係もあるし、身体の動きの要素ともなっている。
●呼気 → 副交感神経関与 → 筋肉が弛緩 → 前面緊張・背面弛緩 → 回内が強い。
●吸気 → 交感神経関与 → 筋肉が緊張 → 背面緊張・前面弛緩 → 回外が強い。
この辺りを上手く利用して施術に生かすのも整体の奥の深さでもある。 

※吸気に関して、背伸びなどは呼気の方が腕が挙がる等の現象がある。

吉田邦夫先生が考案した「BRM療法」これがうちでの核のひとつ

軽く触っているだけなのに……不思議な癒しの力は凄い!!









いわば下町工場のような、凄さがある!

私的視点から見たSeitai!(2)

日本の技術の最先端は下町工場にあると僕は勝手に思っている。巧妙な匠の技は、大企業では絶対に無理ではないかと! 下町工場は日本の技術の巣窟だと思う!

我々の施術の現場でも同じではないかと思う。いわば単なるおちっゃんやおばちゃんが必要に迫られ独自であみ出した技法!それがここで言う整体だ。

それは偶然、見つけた“理”なのかもしれない。
一見簡単な方法でも効果は絶大だったりする。
オステオパシーやカイロプラクティックでも時間がかかったり不可能だったりする事を(あくまで個人レベルでの話ね)簡単に可能にしたりする。
そこには、経験と日本人独特の器用さがあればこそなのかもしれない!